• 食いつきが良すぎて、"I can not help ~ing."


企業サイト/スマホサイト/ECサイトを制作しながら学ぶ魅せるWordPressサイト
仕事で「ワードプレスで作ったサイトがあるから、はじめから、立ち上げるとか改造するとか考えなくていいから、いじれるようになってほしい」と言われて、とにかく、ワードプレスがなんたるかを分からないまま、藁をも掴む思いで買ってみた本。
これは、買って数日ざっと目を通したけれど、何が書いてあるか良くわからないで終わった。
この本をディスっているわけではなく、そのころに自分には、ハードルが高すぎた…ということ。


カンタン!WordPressでつくるビジネスサイト スマホ・パソコン両対応の「レスポンシブ」なサイトをつくろう!
今読めば、よっぽどわかるだろうけれど、買った当時は、なにを書いてあるか、さっぱりだった。
まだ、私には早かった。

もしかして、買ったのは、こっちだったかな?

このころは、なにをどうすれば…というより、現状できあがっているモノを投稿や固定ページを追加してみて、要素が増えていくことを理解できたころ。


いちばんやさしいWordPressの教本 人気講師が教える本格Webサイトの作り方
個人営業のお客様に、ご自身でサイトを立ち上げたということを聞き、参考にした本はなんなのかを訊ね、この本であることを教えてもらい、購入。
テーマが、携帯でいうところの着せ替え的な機能があり、見た目から操作体系や機能さえも司っていることをココで理解。
テーマを切り替えてやれば、モバイルフレンドリーにも出来ることを知る。
やっと、この本に推奨されるテーマで、サイトを作ってみることができるようになる。
そして、プラグインというものを追加して、機能を増やすことができることを知る。

これも、もしかして、新しい方を買ってたかもしれない。

やっぱり、買ってたのはこっち。なので、一つ上のを買うのが、今ではオススメ。古いのをわざわざ買うことないです。


PHPというものが、ワードプレスを司っていることを知るが、結局いまだに、なんたるかを理解出来ていない。
すると、

そのバージョン2版が発売されてしまって、買いたい気持ちで一杯だorz





WordPress仕事の現場でサッと使える!デザイン教科書
見た目をどうにかしたくて、買ってみた。
大事にとってある。まだ、血となり肉となり…には至ってない。再読だな。


ビジネスサイトをこれからつくるWordPressデザイン入門 サイト制作から納品までのはじめの一歩
これも、難しすぎて早い段階でお蔵入りした本。そのうちそのうち…と、まだ、使いこなせていない。


一歩先にいくWordPressのカスタマイズがわかる本 仕組みや考え方からちゃんとわかりたい人のために
この本が、一番読みこなし、使いこなしたと言えるものだろう。見た目を司るところまでは手が届いていないが、欲しい機能をどう作っていったらいいかは、これで会得できたと言えるだろう。
この本の中の人が実は知っている人物だったことも、意欲的になれた一因。
ただ、推奨プラグインがもう更新されなくなり、機能さえも滞ることになり、それが原因でそのプラグインから他のものにすることを余儀なくされた。ただ、そのことが他の代替プラグインにて代わりが効くことがわかり、更にやれることの引き出しが増えたので、功を奏することになった。


MdNが出版元なので、つい手にしてしまい、デザインに関わる方法論を身に付けたくて即購入。ただ、いまだに、中身を身に付けるに至らず。再々々読必須。


ホームページ作成のツボとコツがゼッタイにわかる本
早く言ってよ~じゃないけれど、タイトルに惹かれて購入。いまのところ、あまり見れてない。
ちがうよ、こっちじゃないよ。

これだよ、買ったの。ワードプレスの本だもの。
最初からそう教えてくれればいいのに!シリーズは、売り方上手ね。


調子に乗ってこの本まで買ってしまう俺、どうかしてるぜw難しすぎて、まだ数年後でも使いこなせるかわかんねぇな…っていう難しい本。


基本の「き」は大事ですぞ。


あなたもアフィリエイト×アドセンスで稼げる!はじめてのWordPress本格ブログ運営法
まさに、この本の中にあるテーマをこのサイトは使っています。
ただ、この本は、書き方が雑で、察しの悪い私には、ついていけません。だから、このサイトの状況が如実にそれを表しています。

その後の新しい本

できるシリーズ。

出来るかなじゃないんだよ、やるんだよ!の精神を求められるのかな?

あなたのWebをWordPressで再起動する本!
これは、とても興味あります。


まだ、実物みたことないので、見かけたら、必ず見てみることにする。