• 食いつきが良すぎて、"I can not help ~ing."

小田急の快速急行新宿行と急行千代田線直通が、下北沢~代々木上原を、ほぼ、同一時刻で走るのがおかしい…とツイッターで書いてあった。

今までは、優等列車の上位下位があっても、線路は1つなので、順番に通るしかなかった。
ダイヤ改正以後は、急行線・緩行線、どちらかを走ればよいのだけれど、先入観で、急行は、急行線をはしるであろう……と思ってしまうのが、「鉄」の常。

ところが、よく見てみると、それぞれ優等列車である、快速急行と急行が行き先新宿と千代田線直通とで違えど、ほぼ同じ時刻に下北沢と代々木上原を走るとなると、どちらかが急行線ではなく、緩行線を走ると、言うことになるのは間違いないといえるでしょう。
梅ヶ丘までは、緩行線が外側で、世田谷代田で、緩行線が内側になることも、千代田線への進入を踏まえた、予め想定してあったことだとも言えるでしょう。

ところで、この話題がネットで話題になったのは、なんでかはじめはきづいていませんでした。

詳細を知ろうとしても、ネットからの情報は、2月24日現在は、公式サイトには正確な時刻表は乗っていません。ナビタイムのサイトに転移して、表示させるようになっていました。

そして、改めて、駅のホーム、売店前で気づきました。

新ダイヤの時刻表の冊子が発売されてたんですね(笑)

中身を見て、気づいたことなんですね。
なるほど、そういうことか~


2018小田急時刻表 (トラベルムック)



アマゾンでは、普通には発売されていないのか?品切れになってしまったのか?出品者からのみ購入できる状態になっています。割高なのでオススメしませんが。(2月26日早朝)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です