• 食いつきが良すぎて、"I can not help ~ing."

仕事上のことで、応募を受け付けることで、それをもとにプレゼントを差し上げることに関わっている。

最近のご時世として、「常時SSL」「モバイルフレンドリー」「ガラケー非対応」になってきたので、ワードプレスでシンプルな応募受付サイトにリニューアルをした。
それまでは、ガラケー前提の「cgi」がベースのフォームだったのを、コンタクトフォーム7をつかって、いままでとなるべく似せて作ってみた。

今までどおり、月1回、応募受付期間数日だけ受け付けるので、それ以外のタイミングは、「メンテナンスモード」にしておいて、「次回までお待ち下さい」の表示をさせて、想定外のことを避けるようにした。

つい先日、ご応募期間になり、昨日までのご応募期間だったので、今朝締切にして、再度「メンテナンスモード」に切り替えた。

午前中から午後にかけて、集計作業などをして、別件で出かける必要があったので、出かけてきた。

帰ってくると、昨日までたくさん届いていたメールアドレスに、1通だけ、受信があることに気づいた。

なんと、メンテナンスモードにしたはずの、ご応募フォームからの応募が届いた。もう、届くはずないのに。

残念ながら、集計を済ませたあとのなので、集計に加える訳にはいかないし、そもそも、受付日時終了した後なので、なにもしてあげられない。放置だ。

ふと我に返った。『「メンテナンスモード」中にしたはずなのに、なんで、申込みがあるんだ???』と。

そして、「ピン!」ときた。それを確かめることをやってみた。

まずは、「メンテナンスモード」を一旦解除してみた。そして、スマホでサイトを開く。当然、「メンテナンスモード」でない画面になる。
そして、サイトを「メンテナンスモード」にする。スマホの方は、そのまま放置してあるので、閉じないでおいた画面を開き、そのなかのフォームに入力して送信する。

すると、「メンテナンスモード」のつもりでいても、情報が届いてしまう。自動返信メールを設定してあれば、それも届いてしまう。

なので、ご利用頂いていらっしゃる皆様が悪気なく、時間を無視した申込みが、結果的にできてしまう……という事実が発覚(気づいた)した。

メンテナンスモードにする際は、自動返信メールに、「応募日時終了」の旨を入れておいたほうが、「申し込んだはずなのだが…」と言われないで済むかもしれないが、レアケースなので、放置で^^;


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です