• 食いつきが良すぎて、"I can not help ~ing."

もうすぐiPhone7plusを使い始めて2年。

バッテリーの持ちが、だんだんよろしくなくなってきた。

モバイルバッテリー持ち歩くのは必然になってきた。

バッテリーの持ちの基準となる「ピークパフォーマンス性能」も、もうすぐ80%をしたまわりそう。

 

そんなことを気にしていたら、気になるネット上の記事を目にした。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1811/28/news113.html

正規のバッテリー交換の予約が取れないらしい。

自分のiPhoneで確かめてみた。

バッテリー交換をぜひご希望なう(笑)

アップルストアに足を運ぶことは厭わないが、まずは、近場で確認してみた。

実は、このことを、店に確かめるというより、素直にネット上の予約をするために、気長に首を長くして待っているのではなく、じつは裏ワザがあって、わりと苦労なく交換をすることができないものだろうかと考えた末、「予約が取りにくいのはわかっているけれど、なにか、いい方法ないですかね?」と店員さんに訊いてみることをしようとしていた。

当然、サイト上は、

になっている。

 

町田のマルイの中の「カメラのキタムラ・アップル修理受付」のカウンターを覗いてみた。

 

ひっきりなしにお客さんがきて、しばらく、店員さんに声を掛けることが出来なかった。

 

予約をしているわけではないので、なんとなく気が引けて、様子をうかがうことをしてしまっていた。

 

5分以上様子をうかがっていただろうか。

 

ようやく、お客さんを待っているけれど、なにかをしながら・・・という状態でない店員さんに思い切って声を掛けてみた。

 

「バッテリーの交換をそのウチしようとしているのですが、『予約』がぜんぜん取れないじゃないですか?なにか、いい方法ないでしょうかね?」と訊いてみた。

 

店員さん「じつは、毎日情報の更新を朝9時ごろするので、サイトを見に来るのを、そのころ見てみると、意外と予約がとれるかもしれませんよ。」と教えてくれた。

 

現在、旧機種は、バッテリー交換の『キャンペーン中』なので、3千円台で交換ができることになっている。お店での表記もたしかにそう書いてあった。

 

AppleCareには入っているので、その結果値段がむしろ安くなるなら、AppleCareが切れる前に済ませたいところだが、変わらないのなら切れたあとでも良いかな・・・と思うのだが、

 

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1809/13/news082.html

 

値段が2019年になったら、変わってしまうかもしれない。それに、年明け早々が我がiPhoneの買った時期で保証が切れるじきだ。

 

なんとも、12月中に変えてしまえるならかえてしまいたいが、動機が同じ人たちがたくさんいるだろうから、バッテリー交換は、至難の業かもしれない。

 

この状況を踏まえ、アップル社が、スケジュールの延長をしてくれることを、願うばかりだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です