• 食いつきが良すぎて、"I can not help ~ing."

iPhoneのバッテリーを本気で変えることを考えないといけない時期になってきた。

iPhoneを使って2年弱。iPhone7plusを大枚はたいて買ってみた。今となっては、馴染んで来ているが、大枚はたいたので、2年で機種変する気にはなれない。それに、今機種変しても5Gの時代がもうすぐ来てるから、またすぐ買えなければならなくなるだろうから、それまで、今ので行けんじゃねぇ~という楽観的推察だけど。

バッテリー「ピークパフォーマンス性能・最大容量………83%」

日々使っていると普通で夕方帰る頃には、バッテリーが20%を切る。モバイルバッテリーは基本携帯しているので、バックからコードを伸ばし、ネックストラップで首に掛けているiPhone7plusに充電。帰宅時のルーティーン。

2年前の買った当初は、夜帰宅する頃にもまだ、半分、50%を上回る残量だった日もあったっけ。

できれば、持ち込みで、その日のうちに、バッテリー交換を済ませたい。

代替機なんて、普通は持ってないでしょう。Androidならキャリアショップで代替機を用意してくれるから、電話が使えなくなる時期が発生することはない。

でも、iPhoneは、配送修理にしたら、その間、手元にSIMはあっても、代替機がなければ、通話ができなくなる。

それならばと、代替機を入手することを考えてみた。

バッテリーを交換するのに、今だったら「0円」で済む。まぁ、AppleCareに入っているからなんだろうけれど、AppleCareの期間が終了したら、それじゃ済まないことになるだろうな。そもそも、2018年内は「0円」で、2019年になったとたん、バッテリー交換代が「5000円」ぐらいに普通はなるとして、AppleCareに入っている分もう少し安く済むかな?と勝手に想像している。

なので、代替機に、2万円とかかけるのは、むしろ無駄かなと思うので、せめて、代替機を持ったとしてそれが今後の保険になることを加味して、1万円ぐらいならいいかな・・・と自分を納得させてみた。

もしくは、2019年になったとたん、持ち込み修理の予約が取りやすくなって、代替機がやっぱり必要なくなるかもしれない。

思ったら行動してみた。巷のソフマップの中古スマホコーナーを観に行くと、やはりau中古のタマがすくなく、眼鏡にかなうのは2コ。iPhoneはいっぱいあるが、Androidは10コもない。(そのソフマップでは)

SIMフリーは別として、au用の1万円以下はそもそも無くて、1万2千円台が2つ、3万円台から4万円台のが5~6コ。4万以上出すなら、SIMフリーのauVoLTE対応の新品かうわ(笑)

ネットで検索してみたが、相場はさほど変わらず。

ただ、自分の思考の根幹では、「電気製品は中古で買うものではない」と思っている。しかし、今回は妥協からの行動なので、「中古も致し方ない」と考えているが、「新品であるにこしたことは無い」とも思っていて、コレが金食い虫思考のダメなところ。

格安SIM会社に端末込みで新品を買って、配送修理をしている間、普段のSIMを新品で買った端末に入れて、その後は戻して、2台持ち・・・

マイネオやその他の格安SIM会社で新品の端末を込みで買ってみることを考えたけれど、最低で1万円台半ばからだったので、そこそこお金がかかることは間違いない。

修理見積を寸止めでやってみた

持ち込み修理が全く取れないので、集荷してもらって配送修理してもらう気になってきた。予約がとれる以上、確実に依頼できるのであろう。

新品で格安SIM会社から入手し、端末が届いた段階でauのSIMを移設し、そこから配送修理を依頼してみることにする。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です