• 食いつきが良すぎて、"I can not help ~ing."

久しぶりにゆうちょ銀行をつかうことにした。

ゆうちょの口座の番号って、よくわからない数字がいくつか別れていて、銀行だと7桁な番号が8桁で、なぞな数字がその前にある。

5桁の数字が「記号」・口座番号っぽいのが8桁で「番号」と書いてある。

でも、最近の通帳は、表面のページではなくて、中のページにちゃんと「○○○支店」と記載があり、8桁の一桁取れた7桁ので、口座番号をちゃんと把握できるようになっている。
他の金融機関と揃えるための苦肉の策なのかもしれないが、あんまり、「苦肉」感を感じないのは、7桁の数字が8桁の数字に全く同じ羅列が含まれているからだ。

それ以前に、たまたま、引き落とし口座にゆうちょを設定する機会があって、支店番号・口座番号を記載する必要があったのだけれど、

ゆうちょの支店番号と口座番号ってしらないぞ!

とおもったわけです。

ネットで検索すると、「記号」と「番号」を入力すると「支店番号」と「口座番号」を教えてくれるページが有りました。

https://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/sokin/furikomi/kouza/kj_sk_fm_kz_1.html

これを調べて、用事を済ませたあとに、通帳の中に、その記述(支店番号と口座番号)があることに気づいた次第です(笑)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です