• 食いつきが良すぎて、"I can not help ~ing."

口座引落を事前に知らせるメール

インターネットバンキング

三井住友銀行をメインに使っているのですが、いまや、通帳を使わない式にして何年経ったでしょうか?
「SMBCダイレクト」っていう名前にいまでこそなってますが、はじめはたしか「One’sダイレクト」って名前でしたね。
はじめは、ネットで残高照会ができるってフレコミに惹かれ、そして、通帳を使わなくするっていうのに驚き、ネットといえばパソコンでって思っていたら、ケータイでも残高照会ができる……というのがありました。
いまでこそ、スマホなのである程度の情報が表示されているなかで操作しますが、当時のケータイの画面って言えば、Apple Watchぐらいでしょうか?
そんな小さな画面で、暗証番号やら契約者番号やらを入力し、操作していたのですね。いまでは、考えられませんが。

乱数表的な数字の羅列が記載されたカードが別途あって

今は、新規発行はされなくなりましたが、「暗証カード」というものがあって、普通の暗証番号を「第一暗証」というものとして、それ以上にセキュリティチェックを必要とする過程の中で使用することをしていました。
いまは、代わりに「パスワードカード」というスマホアプリを使いますね。

気になって、他行を比べてみました。

インターネットバンキングは、今どき、どこの銀行でもやってます

みずほ銀行の場合

大昔、前職での給与振込口座として使っていた富士銀行の通帳を復活させてみました。
たまたま、片付けモノをしていたときに、久しぶりに見かけた通帳が出てきて、「やっぱり、残高は0だろうな」と思いながらも、使ってなかったので当たり前なのですが、ダメ元で記帳しに行ってみたのでした。
富士銀行の通帳なので、システム的にもう対応してないだろうな……という予想通りに、「窓口へお越しください」とATMや記帳機で促されました。
今どきの銀行は、フロアにご案内係の方がいらっしゃるので、「古すぎて対応してないみたいなんですが」と話をすると、「口座が休止されていると思われますので、復活させる手続きをしましょう」ということになりました。
晴れて復活してみました。
しかし、当然、残高は0円でした(笑)
キャッシュカードがどこかに行ってしまったので、再発行手続きをしました。
後日、キャシュカードが届きました。
その前に、ネットバンキングを申し込みました。
と同時に、JCBデビットなる経験の無いものもあるようなので、一緒に申し込みをしてみました。
そして、口座引落を事前に知らせるメールがあるのかを調べました。

やってないみたいです。

三菱UFJ銀行の場合

つい先日、口座開設をネットを通じて申し込みをする際の本人確認をネットで完結できるようにする調整を警察や金融庁が調整に入ったそうで。
そして、三菱東京UFJ銀行が名前の「東京」を取って「三菱UFJ銀行」になった。
そんなこともあって、かつ、地元の駅に支店が実在するのが、「三菱UFJ銀行」だったので、口座を作ってみることにしました。
今回は、一切支店に訪れることなく解説してみようと思ったので、スマホでやってみました。
アプリから一通りの情報を入力すると、現住所の近隣の支店を選択することになるようです。いまどき、ネット専用支店を選ぶことになるのかと思ったら、三菱UFJでは、なのか、この展開では、ネット専用支店を選択する余地はありませんでした。
申し込むのと同時に、やはりデビットカードを申し込みする選択が有りましたが、みずほとSMBCですでに2つあるし、三菱UFJのデビットは、年会費がかかるのと、無料になるための条件として年間10万円以上使うことだというので、他があるので、10万を使うことは絶対にないと確信したので、三菱UFJでは、デビットカードを作るのやめました(笑)
そして、口座引落を事前に知らせるメールがあるのかを調べました。
やはり、

やってないみたいです。

りそな銀行の場合

こちらには、以前からご縁がないようで、協和・埼玉・大和だったころも含め、振込先として受験などで振込をする際に使ったことはあれど、口座開設には至っていません。
なので、調べることだけしてみました。
やはり、

やってないみたいです。

結論

事前に引き落としがあることを知らせるメールのサービスを行っているのは、いわゆる「都市銀行」では、三井住友銀行だけみたいです。

口座にたくさんお金が入っていれば、気にすることなんてないのかもしれませんが、わたしはそういう立場ではないので、気になります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です