• 食いつきが良すぎて、"I can not help ~ing."

http://php.net/

ネットからの情報で、PHPの最新バージョンがリリースされた。脆弱性があったので解消されるバージョンが出た。・・・という内容のことを目にした。

その最新バージョンは、
5.6.39
7.0.33
7.1.25
7.2.13
7.3.0
だそうで。

そこで、自分のサイトが入っているエックスサーバーのPHPのバージョンを確認してみた。

すると、
7.0.30
7.1.18
7.2.6
5.6.36

が、推奨されるバージョンだそうで、むしろ、ものによっては、それ以上新しい物を入れることは出来ないそう。

PHPというのは、そういうものなのか。

WordPressそのものは、ある意味勝手に、ある意味手を煩わされずに、バージョンアップする。

PHPは、バージョンによって仕様もあって、使っているWordPressテーマとの相性もあるから、勝手に変わったりはさせられないのだろう。

そういうこと分かってても、中身を作れるようにはならない。

WordPressを通じてPHPをより深く理解したいが、あまり時間が割けない。

ちょっとずつ時間作って、いろいろ出来ることを増やせるようにしなくちゃね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です