• 食いつきが良すぎて、"I can not help ~ing."

激辛㐂伝ラーメンって、いままで無かったので。


福島県ではテレビCMもやっているらしいが、関東ではやってない(やってるのかもしれないが、見覚えがない)。
㐂伝ラーメンが復活したようなので、食べに行こうと思った。
関東にいる私の情報源は、「Facebook」。
そこには、小さく「激辛」のことが記載されていた。
いままで、㐂伝ラーメンは、「㐂伝」が店名だったころから、たくさん食べてきた。
「幸楽苑」になってからは、幸楽苑の味で満足できていたのだけれど、ここ数年「㐂伝」の名を冠したメニューを1度復活した。その際は、食べた。
さすがに「べろ(舌)メーター」は覚えてないけれど、満足できる味だった。
そんなこんな思いを巡らせてはみたものの、さすがに2食は無理なので、『激辛』の方にしてみた。

ふつうの㐂伝ラーメンにすればよかった、と後悔orz


『激辛』に、耐えられない。今のワタシには無理だった。以前だったら、大丈夫だったような気がするが、無理だ。
決して、この辛さ設定を否定するわけではないけれど、今のワタシには無理だった。
それだけ、辛さに耐えられないほど、辛さ耐性が下がってしまったのだろう。

尖ったものをやるチャレンジ精神は買うが、やりすぎてもいけないと思うよ。


今迄の幸楽苑、いろいろ食べてきたけれど、ここまで突き抜けた尖った辛みを味わったことないかも。
通常店舗の辛しニンニクを入れすぎた時よりも、もっと辛さを感じた。
辛いものをしばらく本格的に食べてないのは確かだけれど、辛さ耐性が低くなっている自覚もあるけれど、それでも、また食べたいかと思えば、次はふつうの㐂伝ラーメンにすると思う。
まぁ、いろいろ試行錯誤は大事なので、いろいろやってみることは良いことだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です