• 食いつきが良すぎて、"I can not help ~ing."

みなさん、今日は、早く帰れましたでしょうか?
数日前の天気予報から「雪が降る可能性があります」→「雪が降ります」→「大雪です」とだんだん、予報がレベルアップして、ついにその日が来て、やっぱり降っちゃいましたね。

数日前に自分のお客さんでもあり、逆に、自分がお客さんでもある、タイヤ屋さんに行く用事があり、「週明け月曜雪降りますね~」「稼いじゃってくださ~い♪」とお声がけしてきました。

自分がお客さんっていうのは、そうです。こちらで、数年前に「VRX」をつけてもらったのです。
「VRX」とは、ブリジストンタイヤのスタッドレスタイヤ「ブリザック」の種類の1つです。
現状の最新製品は「VRX2」と言います。余裕のある方は、最新式をどうぞ!

JAF

昨年シーズンは、タイミングを外したのと、劇的な雪も降らなかったので、取り替えなかったのですが、
今シーズンは、降りそうな気もするのと、夏タイヤが微妙だったので、11月中に、早めに取り替えました。




早めの判断が功を奏し、雪が降ることがわかっても、慌てることなく、この日を迎えることが出来ました。
雪だとわかっていて、夏タイヤのままだとしたら、バスと電車とバスを乗り継いで帰ってこなければなりませんでした。
場合によっては、途中、電車も本数を減らして運転してましたから、帰宅時間も1時間以上遅かったかもしれません。

ただ、途中、夏タイヤのまま走っていたであろう車が、各所で立ち往生または乗り捨てられていて、行き違い出来ない箇所では、渋滞が起こっていました。
あれだけ、注意喚起されていたのに、この雪を想像出来ずに、自ら面倒なことになりながら、そして、他人に迷惑をかけて、猛省をしてもらいたいですね。

実際、わたしも、渋滞にはまりました。いつもなら、ジワジワでも動くはずの流れが、一向に動く気配がなかったのです。10分弱、動かなかったかもしれません。
その後少しだけ動いて、切り返してUターンをすることが出来たので、裏道で少し遠回りして帰りました。その遠回りは、本来行こうとしていた1本道に比べて、2回アップダウンをくり返し距離も少しふえるのですが、ゆっくりではありましたが、滞りなく帰って来られました。
しかしです。その2回のアップダウンを際の上り坂、なぜかそれぞれ別の軽トラックのノロノロ運転に巻き込まれました。それぞれやっぱり夏タイヤだったのでしょう。10キロ台のスピードで、後部を左に何度も何度も振られながら、ゆっくりゆっくり進んでいました。
普段の雪なし道だったら、対向車がいないウチに追い抜かすところですが、今日のところは慎重に無茶なことはやめておきました。



必要に迫られて、この雪の中を夏タイヤで走っていたのでしょうが、今の時代、それは、「犯罪」ですからね。

かたや、車の性能を過信して、道の広いことを良いことに、左側から抜いて被せるのも見かけました。身の程を知っていただきたいものです。



タイヤばかりではなく、車そのものに問題があるまま乗っているケースも見かけますね。身の丈に合った車をリーズナブルに使い続けるのが、いまどきの車の乗り方じゃないでしょうか?



明日の朝も、ガチガチなので、運転しなくて済む方は、しないで。
乗らなくて済むなら、思い切って、買い取って貰いましょう\(^_^)/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です