• 食いつきが良すぎて、"I can not help ~ing."

VISAデビットをつくってみた

なんだかキャンペーンをやっていて、無料で作れて年会費も無料みたいなので、つくってみた。

銀行のクレジットカードブランドのデビットカードは数あれど、完全無料なのは、都市銀行では、SMBCだけみたい。
みずほとりそなは、年1で使えば、無料みたいです。
三菱UFJは、年10万円以上の利用で無料と、一番ハードルが高い。

iDという電子マネーのデビットカードとして、即時決済式のiDデビットという使い方ができる。
三井住友VISAデビットカードの独自の機能のようだ。
今までは、家電量販店や紳士服店で、三井住友銀行のキャッシュカードで「デビットカードで」と言って使うことをしたことがあるが、このカードを使うと、iDを使うことができるところであれば、デビットカードとしてiDを駆使することが可能になる。
他の都市銀のVISAブランドやJCBブランドのデビットカードでは、iDには対応していないようだ。
みずほのJCBデビットカード利用者で、スマホがアンドロイドでフェリカ機能付きのユーザーには、クイックペイのデビット機能がアンドロイドの機種に付けられるようだけれど、いまのところ、iPhoneには対応してないみたいだ。

使えるところと使えないところがあるのが要注意

普通のクレジットカードならできることが、クレジットブランドのデビットカードだと、使えないケースがあるので注意。

例えば、

毎月の決済などの「公共料金など」

まぁ、普通に口座引落をするのと、デビットカードの場合は、変わらないことになるので、これは仕方のないことなのかもしれない。

格安SIMの支払いで、普通のクレジットカードじないとダメなところがある

格安SIM業者の個性を考えて選ぶに当たり、様々なメリットを踏まえ選んでも、ふつうのクレジットカードを強いるところがあるので、デビットカードだと契約できないところがある。
普通に口座引落ができるところを使うしかない。

電子マネーの使える「自動販売機など」

後から説明書きを読んで、書いてあることを確認したけれど、VISAデビットが届いたその次の日に早速「iD」を使ってみることをしたのだけれど、
「使用できません」の表示がされた。
即座に引き落としをする前提のデビットカードでは、「事前オーソリ」がされないので、『細かいところ(金額の詳細のやりとり)はあとでするので、とりあえずこのカードのことを信用してよいか?』的な確認がとれないので、使えないことにしてあるのだろうと想像。

中学生を除く15歳以上であれば、持てる。

クレジットカードではないので、高校生でも持てるのが、デビットカードだ。
かつ、大人でも、(クレジットカードを発行する際のような)審査がない。

ところで、VISA PAY WAVE って

マクドナルドでしか見たことないですね(笑)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です