• 食いつきが良すぎて、"I can not help ~ing."

「これができるようになったらお金が取れる?!」その1

現状の問題点

仕事で携わっているウェブサイトの中で、連絡等を受けつける際に、お客様に「住所」などの個人情報を入力してもらった上で、お客様の「住所」によって、担当店舗が変わってくるので、その入力してもらった「住所」で、該当の店舗に内容が自動でメールされる機能をつくりたいのだけれど、いまのところ、2つの手段をつかって、急場をしのいでいる

  1. お客様にサイト内に並べて表示された店舗名のバナーをクリックしてもらって、クリック後に該当店舗のページを表示させて、その後入力してもらい、そのデータが該当店舗にメールされるようにしてある。
  2. とにかくわかりやすさを優先し、細かいところを抜きにして、全店一斉に情報が届き、届いた店舗で、自店で対応するかどうかを判断してもらっている。

仮説

  1. 「めんどくさいので、やっぱりウェブから連絡するのやめよう」と思われている可能性大。そして、そもそもお客様が間違えて、担当店舗でない店に連絡が届いてしまうようなことに、悪気はなくてもなってしまう。
  2. 社内の人間が「めんどくさい」。そのうえ、見逃す可能性もある。

解決策

もちろん、解決策が実行・実装・うまく機能してくれれば、丸く収まるのだけれど……

そもそも、やりかたがわからない

とりあえず、ぐぐってみることにした。

「郵便番号を入力すると住所が表示」「WEB」の2つのキーワードを入れてみた。

すると、

http://www.webdesign-fan.com/ajaxzip3

https://allabout.co.jp/gm/gc/446750/

というページが出てきた。

中身を読んでいくと、「JavaScript」や「jQuery」という、見たことあるけれど、実態をよく知らないキーワードが出てきた。

根本的なことがわからないので、なにをどうすれば、実行可能なのかがわからないのだけれど、「郵便番号を入力すると、次の項目に自動で住所が入力されていく」というサイト上の機能を何度もみているので、「そういうことができるんだ」ということは、わかっている。しかし、その仕組は全くわかっていない。

そして、ワードプレス上のプラグイン「Contact Form 7」というものを使って、普段は、サイトからの受付をするフォームを作っている。

その「Contact Form 7」で、「JavaScript」を作動させることができるのかどうかさえ、よくわからない。

そこで、「ContactForm7 JavaScript」というキーワードでググってみた。

(中略)

そして、「ContactForm7 郵便番号」というキーワードでググってみた。

https://olein-design.com/blog/contact-form-7-with-yubinbango

↑↑↑ というサイトが出てきた。

実際に組み込むのはカンタンなんだそうで。ただ、その方の技量がものを言っているからこその、「カンタン」という感覚なのかもしれない。

明日、実際にやってみることにする。

ただし、郵便番号を入力してもらい、住所の入力の手間を軽減したいのは山々なのだけれど、最終的なところは、こんなことではないのだ。

住所の入力ばかりではなく、なるべくパターンが決まっていることとは簡略化し、お客様に飽きずに操作を完了させてもらいたいのだ。そして、社内的にも、判断ミスが生じないように、できるだけ使いやすさを向上させたい。

エリアが限られているので、日本全国の郵便番号などは、網羅される必要はない。せいぜい50件ぐらいの地元の地名が識別できさえすればよいのだ。それにより、該当店舗が認識されて、その認識が該当店舗を自動で選択し、顧客データの蓄積をしつつ、選択された店舗にメールが届くようにしたいのだ。

すこしずつ、機能を加えて、思い描く理想のトランザクションができるようにするぞ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です